• 板原 美恵子院長

  • 板原 美恵子院長
  • 大阪音楽大学 音楽学部  器楽科 ピアノ専攻卒業
    昭和45年に 「むつみ音楽学院」 を設立 それまではピアノ教室でしたが、馴染みやすいいろいろな楽器の科目部門を作りました。
    音楽の基礎をしっかりと身につけて、音楽の楽しさ、喜びを知り、
    幼児から、集中力を養い、努力することを身につけ、創造力豊かな感性を養い、美しい人格を身につけて頂きたいと思います。
    そして一生楽しめます。

    【担当科目】
    ピアノ

  • 板原 和弘副院長

  • 板原 和弘副院長
  • 【担当科目】
    クラリネット・サックス・リコーダー・オカリナ・ピアノ・ヴァイオリン・大学受験ソルフェージュ

  • 北村 千枝

  • 北村 千枝
  • 大阪音楽大学 音楽学部 器楽科 ピアノ専攻 卒業
    音楽には、湧き出る感情を解き放つ力が、宿っています。
    ピアノ演奏を、わかりやすく習得するために、オリジナル道具などを使い、各自の進度に見合った改良も加えますので、やがて理論を理解し、テクニックが備わるようになります。
    感じ、考え、創造を練り、耳を澄まして音を紡いだら、こんなに面白い音楽になりました。
    そして、放たれたドキドキワクワクに心を揺さぶられます。そこまで寄り添わせていただきます。

    【担当科目】
    ピアノ(レッスン曜日 月・水・木)

  • 田村 幸造

  • 田村 幸造
  • 京都市立芸術大学 大学院 音楽研究学科 修了
    演奏も同じだが、ピアノのレッスンを通して、共に音楽をすることの喜びを分かち合いたい。
    常に生徒さんと同じ目線で話しかけることを心がけています。

    【担当科目】
    ピアノ(レッスン曜日 火・水)

  • 藤本 佳世子

  • 藤本 佳世子
  • 大阪音楽大学 音楽学部 器楽科 ピアノ専攻 卒業
    ピアノの演奏を通して、感受性、想像力、精神力を養い、表現することの楽しさを味わってほしいと願っております。ただ音を鳴らすのではなく、心がこもった演奏ができるよう、レッスンでは自分の音をよく聴けて、よく歌い、音を大切に弾けるようにと心がけています。
    趣味で楽しみたいと思っている方から、コンクールに挑戦したい方、専門に進みたいと思っている方まで、個人のニーズに対応いたします。
    【担当科目】
    ピアノ(レッスン曜日 月・水・木・金・土)

  • 水川 尚美

  • 水川 尚美
  • 大阪音楽大学 音楽学部 器楽学科 弦楽器ヴァイオリン専攻 卒業
    毎日継続して練習を積み重ねて音楽を創り上げ磨いていくことは、心を磨き人間力を磨くことに繋がっていくものだと考えております。
    個人レッスンでの貴重な時間においても教える側、教わる側において、互いに自身の五感をもって課題に真剣に向き合う心が必要になってきます。また、感情豊かな音楽を創るには、まず美しいものを感じる心を養わなければなりません。
    感じる心を大切に、レッスンを通じて心の対話をしながら、自らの人間力を磨き上げていくことへの一助となれればと考えております。
    【担当科目】
    ヴァイオリン(レッスン曜日 月)

  • 阿野 由希子

  • 阿野 由希子
  • 京都市立芸術大学 大学院 音楽研究学科 修了
    初めてフルートを持つ方もブランクのある方もそれぞれのペースに合わせて丁寧に指導します。
    フルートで好きな曲を吹けるようになると楽しいですよ。私自身アンサンブルが大好きですので、レッスンでもピアノ伴奏をつけたり、フルート同士のデュエットも取り入れています。
    吹奏楽での上達を目指す方も大歓迎です!

    【担当科目】
    フルート(レッスン曜日 土)

  • 五十嵐 香美

  • 大阪音楽大学 音楽学部 器楽学科 管楽器フルート専攻 卒業
    レッスンは、音楽を楽しむことをモットーにクラシックだけにとらわれず、
    様々なジャンルの演奏を出来るように心がけています。
    【担当科目】
    フルート

  • 北井 春花

  • 北井 春花
  • 大阪音楽大学 音楽学部 声楽専攻卒業 
    同大学 専攻科声楽専攻 修了
    関西二期会オペラ研修 終了
    歌は、一人一人違う楽器(体)を持っています。そこで、個人レッスンで一人一人に合った発声法を身につけていくことが大切だと考えています。
    体全身を使って声を出しますので、健康にも良く、シニアの方にも人気です。
    【担当科目】
    声楽(レッスン曜日 月・火・金・土)

  • 吉川 二郎

  • 関西学院大学法学部卒。15歳からギターを独学。1977年、スペインに渡りフラメンコギターのマヌエル・カーノに師事。演奏活動の傍ら1994年にギタルパを考案、試作を繰り返し、2010年からギタルパの演奏活動を開始。ギタルパはすぐにメロディーが鳴らせるほど易しい楽器ですが、しっかりした右手の技術を習得すると格段に表現の幅が広がります。良い音の鳴らし方、無駄のない動きなどを練習し、世界の名曲が奏でられるようにしたいと思います。
    【担当科目】
    フラメンコギター、ギタルパ(レッスン曜日 要相談)

  • 野口 久子

  • 野口 久子